独自の非公開求人多数! 障がい者のための転職エージェント

転職活動コラム

障がい者の転職活動時に確認すべきこと

2020.04.22
障がい者業界のコト、自分のコト、転職ノウハウ

転職活動の軸を定めて目的を明確化しよう

転職をためらう人の中には、「転職活動は難しい」と考えている人がいるのではないでしょうか。しかし、転職活動は難しく考える必要はなく、基本的なポイントを押さえておくことが大切です。そのポイントとなるのが「目的の明確化」「自己分析」「情報収集」です。
まず、転職活動の目的については、「何故、現在の職場をやめたいのか?」という点がはっきりしていれば、おのずと転職の理由は明らかになります。例えば、「残業が多い」「給与が少ない」といったことが理由ならば、「残業が少ない環境」「金銭面の待遇がいい職場」をもっとも重要な要素にして企業探しをすればいいわけです。しかし、誰もが単純明快な理由をもっているわけではありません。「もっとやりがいのある仕事に就きたい」「専門的なスキルを身につけたい」といった抽象的な理由から転職を考えている人もいるでしょう。
そこでまずは、転職をしたいと考えるようになった経緯を振り返り、転職活動の軸を決めることが大切になります。つまり、何のために転職活動をするのかという位置に戻って考えることが重要になります。そして自分のやりたいことを明確にするために大切になるのが「自己分析」です。新卒時の就職活動の際も、より良い企業選びのために自己分析は不可欠でしたが、転職活動においても重要といえるでしょう。
例えば、「やりたいこと」が定まってない場合は、自分の志向性や適性を振り返りながら徐々に業界や職種を絞り込んでいきましょう。また、現職と同じ職種ならば、どんな条件を優先するのかといった転職の軸を決めておくことが重要になります。

転職サイトや転職エージェントを活用して必須条件を確認する

職種の絞り込みや転職先を決める際に優先すべき条件を決めていくと同時に、具体的な転職先を探すための情報収集に力を注ぐことも大切です。転職先を探す方法はさまざまですので、複数のメディアなどを使ってできるだけ豊富な情報を収集したいものです。
まず転職先を探すための有効な情報収集の方法としては、豊富な情報がある転職サイトやハローワークなどを活用するのが一般的といえるでしょう。また、転職サイトなどには紹介されていない非公開求人を有し、きめ細やかな各種サービスがある転職エージェントも活用したいところです。特に障がい者を対象にした転職エージェントは、障がい内容に関する相談やアドバイスも行っておりスムーズな転職活動が可能になります。
こうした複数のメディアを活用しながら企業探しを行う上で、最低限確認しておきたい要素を取り上げていきましょう。入社してからのミスマッチをなくすためには下記の項目はチェックしたいところです。

  • 職種と具体的な仕事内容
  • 正社員や契約社員などの雇用形態
  • 給与や賞与などの賃金について
  • 勤務時間、休日、福利厚生制度など
  • 通勤時間や通勤手段
  • 経営ビジョンや社風
  • 障がいのある社員に対する考え方や社員の働き方
  • 障がい内容の雇用実績

まず、職種と仕事内容を確認するのは基本ですが、とくに具体的な仕事内容を確認していないと入社してからのミスマッチの原因になるので注意が必要です。雇用形態によって業務内容や待遇面が変わりますから、正社員か否かの雇用形態も確認するようにしましょう。次に給与などの賃金をはじめ勤務時間や休日に関する事柄、そして通勤手段などについても確認が必要です。その他にも経営理念や障がい者に対する考え方を知っておくことも重要です。というのも企業の経営や従業員に対する考え方に共感できなければ、長くは働けないからです。
さらに希望する企業で、どのような障がいのある社員が働いているのかも確認しておきたいポイントです。自分と同じ障がいのある社員が活躍していれば、その障がいに対する配慮など働きやすい環境が整備されていると考えていいでしょう。
転職活動中には複数の企業と出合う機会があるため、より自分に適した企業選びができるように、これらの項目が自分の条件に合うものなのかを把握できるように「チェック表」などを作成しておくと便利でしょう。

面接では具体的な働き方などを確認して相互理解を図る

さて、転職の軸を定めた上で、積極的な情報収集を行い、自分の条件に合う企業と出合うことができたら、次に障がい内容と業務内容のマッチングを行うようにしましょう。特に前職とは異なる職種や仕事内容に従事する場合は、面接時などに細かく確認する必要があります。
その際に大切になるのが、採用担当者との意思疎通です。入社後に従事することになる職場でどんな業務をすることになるのかを具体的に採用担当者から伝えてもらい、さらに職場での支援機器の導入や配慮のあり方なども事前に確認しておきたいところです。その上でこれまでの就業経験からわかる自分の「できること」と「できないこと」を具体的に採用担当者に伝えるようにしましょう。
こうした採用担当者との意思疎通が面接時においては何よりも重要です。求職者は入社後に自分がその企業で働くイメージを描き、採用担当者は求職者が職場でどのように業務を遂行していくのかをイメージすることがマッチングを図る上でポイントになるからです。ですから「できないこと」を自分の弱点やデメリットとして捉えるのではなく、お互いの理解のために不可欠なものとして臨むようにしたいものです。

合わせてチェック

今すぐ無料会員登録をして、安心の転職活動を始めましょう 今すぐ無料会員登録をして、安心の転職活動を始めましょう!