独自の非公開求人多数! 障がい者のための転職エージェント

33歳/男性/堀さんの転職成功体験談

INTERVIEW
事務職

堀さん33歳 男性

障がい内容下肢障がい

等   級3等級

“やりがいのある仕事ができ安定した会社”という希望に100%応えてくれました

転職先日本貿易振興機構(ジェトロ)

前 職事務職(マーケティング)

転職を決められた経緯は?

安定した生活のため、フリーの編集者兼ライターから転向

前々職は、フリーの編集者兼ライター。取材をして原稿を執筆する仕事が中心でした。しかしフリーの場合、忙しい時は良いのですが、まったく仕事がないこともあり、収入が安定しません。仕事そのものは面白かったのですが、定職に就くことに決めました。 就職したのは、コンサルティングの会社です。顧客は中小零細とされる企業。業務は一応マーケティングですが、それは名目に近く、顧客獲得の営業というのが実態でした。ただ、仕事に大きな不満はなく、中小零細の社長から話を聞くことは楽しくもありました。ところが入社から半年たった時、突然、給与が未払いになったのです。仕事に対するモチベーションが一挙にダウンし、「この会社では安定した生活を送ることができない」と退職を決めました。 これまでのことがあり、転職に当たって最優先に考えたのは「安定」でした。大学を卒業してから10年、不安定の連続。30代半ばまであといくらもありません。ここで、人生を立て直す。転職活動にはそれぐらいの構えで取り組むことにしたのです。

転職されていかがでしたか?

やりがいも安定も100%満足させてくれる会社

転職を決意する前年の11月下旬、エージェント・サーナを訪問しコーディネータからお話をうかがいました。以前から障がい者の雇用について興味があったからです。そして、エージェント・サーナのサービス内容を知り、このような道もあるのだと、障がい者の雇用手段(求職手段)の多様性を認識しました。その時点ではまだ退職を決意していませんでした。 ただ、お話をうかがっていたおかげで「退職する」と決めた時点で再度コーディネータに連絡を取り、具体的なアドバイスをいただきました。それは「面接の折、職歴や業務経験を伝えるのは良いが『この仕事をやりたい』と職種に固執する類のことはいわないでください」というものです。私は「なるほど」と納得しました。こちらはスキルを提示し、「どんな仕事をやってもらうか」の判断は先方にゆだねる。そうした柔軟さが求められるというわけです。私自身、今回の転職に当たっては「どんな仕事でもやり遂げる」覚悟でしたので、コーディネータには「やりがいのある仕事に就ける会社」ということだけをお願いしました。今の会社は、やりがいも安定も100%満足させてくれる会社。自分の願いを叶えてくれたコーディネータには感謝しています。

私の転職スケジュール

11月中旬

エージェント・サーナを訪問。コーディネータから話をうかがいました。

1月下旬

転職を決意し、再度コーディネータに連絡を取りました。

2月中旬

今働く企業の紹介を受けました。面接は1回とのことでした。

3月上旬

面接官は5名。「こんなに大勢の方が」と、いささか驚きました。その日のうちに内定の連絡をいただきました。

4月上旬

入社日は4月1日。最初の仕事は、日本に進出した海外企業の成功事例をまとめた調査レポートの作成です。

一覧へ戻る

他の成功体験はこちら

条件を選んで、転職成功体験を探す

  • 正社員
  • スキル
  • 未経験・異業種

障害内容から転職成功体験を探す

  • 上肢障がい
  • 下肢障がい
  • 運動・体幹障がい
  • 視覚障がい
  • 聴覚障がい
  • 心臓障がい
  • その他内部障がい
  • 精神・知的・その他
今すぐ無料会員登録をして、安心の転職活動を始めましょう 今すぐ無料会員登録をして、安心の転職活動を始めましょう!