独自の非公開求人多数! 障がい者のための転職エージェント

障がい内容別確認ポイント

 3つのアプローチで転職を考えてみよう!

転職を考える前に確認しておくべきことを障がい内容別に整理しましょう。

知的・精神・その他障がいの方

「職場の理解」や「定着を支援する制度」の有無などが重要なチェックポイントになります。自分が滞りなく業務を進めるためには何が必要か、考えてみましょう。

ポイント1

職場環境

いざと言う時に休憩するための設備、周囲の理解が長く働く上でとても大切です。自分が必要な環境について考えてみましょう。

「健康管理室」の有無

仕事中の体調不良や不測の事態に備えて、健康管理室を用意する企業があります。中には産業医や保険医、看護師が常駐し、健康上の相談ができる場合もあります。

職場の理解、情報共有

安定した状態で長く勤務するためには、周囲の人たちの障がいに対する理解が不可欠です。これまでの雇用で培ったノウハウをまとめ、必要なサポートについての情報を社内やグループ全体で共有する企業もあります。まずは自分にどのようなサポートが必要か、実際に働くことをイメージし、整理してみましょう。

ポイント2

各種制度

長期的に勤務するためにも大切な要素となるのが勤務時間や通院への配慮です。 自分がどのくらいの時間勤務できるか、どのくらいの頻度で通院が必要かなど、確認しておきましょう。

「通院」に関する制度

通勤中や勤務中に、体調不良になるかもしれません。そんな時には、通院に関する制度があるかが非常に重要です。定期的な通院と合わせて確認しましょう。

時短勤務や残業の有無

長時間の連続勤務が困難な場合、時短勤務が可能かを確認しましょう。企業によっては、雇用形態を含めて相談に乗ってくれることもあります。また、残業の有無や平均残業時間も大切な項目の一つです。

ポイント3

仕事内容

継続的に働くためには仕事内容を確認し、 自分ができることと照らし合わせましょう

具体的な「業務内容」

計算力や応用力が求められるかなど、具体的な業務をイメージし、自分が苦手だと思うことを改めて考えましょう。苦手なことに関しては、入社後のミスマッチを防ぐためにも正直に伝えることが重要です。

求められる「業務スピード」

求められる業務スピードと、自分の業務スピードに差異があると、業務を遂行するために残業が続くなど、無理が生じてきます。長期的に働くことが困難になるかもしれません。業務量とスピード等について相談しましょう。

障がい内容の伝え方

〇得意なこと、不得意なこと

誰にでも得意なこと、不得意なことはあります。不得意なことに対しては自信を失わずに、正直に伝えましょう。企業によっては不得意なことをカバーし、得意なことを伸ばす業務を一緒に考えてくれます。

〇サポートが必要なこと

勤務時間、残業の可否、通院など、必要となるサポートをしっかりと伝えましょう。そのためには自分をしっかりと理解する必要があります。また自分に対する他者の意見も参考にしましょう。

一覧へ戻る

今すぐ無料会員登録をして、安心の転職活動を始めましょう! 今すぐ無料会員登録をして、安心の転職活動を始めましょう!